【最強の画像管理】画像管理ツールEagleが便利過ぎた

ツール
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

デジタルコンテンツの制作がますます増える中、画像管理はクリエイターにとって重要な課題となっています。そんな中、注目されているのが画像管理アプリ「Eagle」です。
本記事では、「Eagle」の特徴や使い方、クリエイターにとってのメリットを解説します。

画像管理アプリ「Eagle」とは?

「Eagle」は、クリエイティブなプロジェクトにおける画像やビジュアル素材の管理を簡単にするためのアプリです。直感的なインターフェースと豊富な機能を備え、多くのデザイナーやイラストレーターに支持されています。

Eagleの実際の画面
Eagleの実際の画面
スポンサーリンク

料金

料金は29.95ドル、だいたい3000円くらいとなっています。

一回購入してしまえば永久的にライセンスが付与されます。

そのため約3000円で永久にこのツールが利用可能です。
アップデートなどがあっても継続使用が可能です。

詳しくは下記のページをご覧ください。

主な特徴

1. 高度な画像検索機能

「Eagle」は、キーワード、色、形状など、多様な検索オプションを提供しています。これにより、膨大な画像ライブラリの中から目的の画像を素早く見つけることが可能です。

色などを指定して画像を検索する事ができる。
色などを指定して画像を検索する事ができる。画像は白色を指定した検索結果。

2. カスタマイズ可能なタグ付け

画像に対して自由にタグを付けることができ、プロジェクトごとに異なるタグ設定を行うことができます。この機能は、プロジェクトの整理と管理を大幅に効率化します。

タグ付け機能


3. ドラッグ&ドロップ対応

これがめちゃくちゃ便利です。

「Eagle」は、ドラッグ&ドロップで画像を簡単にインポートおよび整理することができます。
これにより、作業の流れを中断することなく、スムーズに画像管理が行えます。

こちら の拡張機能を導入すればブラウザ上にある画像の殆どがドラッグ&ドロップで保存できます。

Eagleを購入したなら絶対導入したほうがいいです。

Eagle for Chrome
This extension makes it easy to save images and save screenshots to Eagle App.

使い方のポイント

1. 画像のインポート

「Eagle」をインストールしたら、ライブラリを作成してまずは画像をインポートしましょう。
画像フォルダをアプリにドラッグするだけで、自動的にインポートが開始されます。

Google ドライブなどのクラウド上にライブラリを作成すればクラウド上で画像が保存できるのでおすすめです。

ライブラリの作成画面

2. タグ付けと分類

インポートした画像にタグを付けて分類します。
例えば、プロジェクト名や使用する媒体、カラーパレットに基づいたタグを設定すると、後で画像を検索する際に非常に便利です。
フォルダ機能もあるのでフォルダで管理するのもおすすめです。

ファイルの設定
スポンサーリンク

クリエイターにとってのメリット

1. 作業効率の向上

「Eagle」を使用することで、画像の保存や検索、管理にかかる時間を大幅に短縮できます。

これにより、本来のクリエイティブな作業に集中することが可能になります。

2. インスピレーションの源

整理された画像ライブラリは、アイデアを生み出すための貴重なリソースとなります。
過去のプロジェクトや参考資料を簡単に参照できるため、過去の画像を眺めたりして新しいアイデアを発見する手助けとなります。

3. 共有機能

相手もEagleを使用している前提ですが
ライブラリをエクスポートして画像のパッケージを作成して共有すれば
簡単に大量の画像が共有できます。

まとめ

画像管理アプリ「Eagle」は、その多機能で直感的な操作性により、多くのクリエイターにとって欠かせないツールとなっています。自分はもう画像管理はこれがないといけない体になりました。
効率的な画像管理を実現し、クリエイティブな作業に集中できる環境を提供してくれる「Eagle」を、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました